鴨、京都へ行く。あらすじ 2話 | ビューティーライフ224

鴨、京都へ行く。あらすじ 2話

鴨、京都へ行く。あらすじ 2話

-老舗旅館の女将日記- <フジテレビ>
火曜21:00~21:54 (放送回数未定)

鴨、京都へ行く

鴨、京都へ行く。第2話のあらすじ、キャスト、視聴率を紹介します。
「上羽や」の従業員全員が辞めてしまい、上羽鴨(松下奈緒)は、「上羽や」
売却の決心をしました。
鴨は、いったいどうするつもりなのでしょう。
気になります!

■第2話 あらすじ
____________________________ 

鴨、京都へ行く。2話

上羽鴨(松下奈緒)は、強引に「上羽や」の借金を返そうとして改革案は失敗に
終わり、従業員全員が辞めるという事態に。
鴨は、自分の方針が間違っていたとは認めたくない。
そして、営業ができない以上、借金の返済は無理と判断し、衣川周平(椎名桔平)の
提案を承諾する形で「上羽や」売却の決心を固めた。

その頃、財務大臣の仲代公吉(松平健)が「上羽や」に訪ねてきた。
仲代は常連であり、先代女将・薫(市毛良枝)の訃報を聞き、財務大臣会合で
京都に来がてら線香をあげに寄ったのだという。
さらに薫をしのび宿泊したいという仲代の申し出を、引き受けてしまう鴨。
仲代は“いつも通り”のもてなしがいいと告げ、会合に出かけていく。

鴨は仲代を見送り、半ば強引に売却する代わりにと衣川に風呂そうじを押し付ける。
そして、ぬか床を心配してこっそりと厨房に来ていた寺石秀(高杉亘)を発見し、
報酬を支払うので仲代の夕食を作るように依頼する。
寺石は、鴨の横柄な態度に苛立ちながらも、指定した京野菜をすべてそろえたら
料理をすると約束をする。
あまりに簡単な注文に拍子抜けしながらも、鴨は衣川を連れて買い出しに出かけた。
そんな鴨と寺石のやりとりを、金魚にエサをあげるために忍び込んでいた
柴田優梨愛(岡本あずさ)が聞いていた。
柴田は、すぐに間山紗江(堀内敬子)ら仲居たちが集まっていたファミレスに
報告に向かう。
同じ頃、「ワイズ・コンサルティング」の高瀬裕次郎(伊武雅刀)に呼び出された
塩見鞠子(かたせ梨乃)は、「上羽や」の再建計画書を見せられ、売却が成立した
後に新しい女将になって欲しいと打診されていた。

■視聴率、キャストを紹介します。 ⇒ 視聴率、キャスト


関連記事

コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

セントラル短資FXの評判・口コミ

プロフィール

ヒロシ

Author:ヒロシ
ビューティーライフ224へようこそ!

最新記事

カテゴリ

ダイエット (3)
健康 (12)
ビューティーライフ (14)
知ってますか? (7)
パソコンお役立ち情報 (2)
色えんぴつ画講座 (4)
その他 (127)
美容 (3)
YouTube (0)
YouTube講座 (1)

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

最新のオススメ

色えんぴつ画講座

色えんぴつ画講座 無料