ブリビア古書堂 ドラマ | ビューティーライフ224

ブリビア古書堂 ドラマ

ビブリア古書堂の事件手帖 <フジテレビ>
月曜21:00~21:54

buri2.png

今日は、最新第6話のあらすじを紹介します。
前回(5話)視聴率11.5% 平均視聴率12・42と絶好調の
ビブリア古書堂の事件手帖です。
前回、篠川栞子(剛力彩芽)何者かに石段の上から突き落とされました!
篠川栞子は、どうなるのでしょうか?今後の展開が気になります。
落ち着いた感じの剛力さんとてもいいです。笑顔も素敵です。
AKIRAさんはGTOのときのワイルドな役のイメージが強くて
今回の役は、いまだにしっくりこない気がします。私だけかな?

第6話 あらすじ
 篠川栞子(剛力彩芽)は何者かに石段の上から突き落とされ、
救急車で病院に運ばれる。
ところが、幸いなことに足首の骨折だけで済み五浦大輔(AKIRA)はホッとする。
一方で、倒れていた栞子を見つけ救急車を呼んだのが藤波明生(鈴木浩介)
だと聞くと大輔は顔を曇らせた。

 やがて、志田肇(高橋克実)、篠川文也(ジェシー)、藤波が病室を出ると、
栞子は大輔に病院に持ち込んだ金庫から一冊の本を取り出すように頼む。
パラフィン紙に包まれたそれは、太宰治の『晩年』だった。
栞子は、この本を狙う男に突き落とされたのだ、と明かした。

 栞子が祖父の代から引き継いだ『晩年』は、500部ほどしかない
初版本のなかでも太宰自身の署名まで入るなどした大変稀少なもので、
世に出せば300万円以上の値が付くという。栞子は『晩年』を母屋で
保管していたが、その存在を知った人物から「譲ってほしい」と何度も
メールが来るようになり警戒していたところ、今回の事件が起こったと言う。

 栞子の入院中、大輔はひとりで「ビブリア古書堂」を切り盛りするが、
古書の知識がないため苦労する。そんな大輔の様子を見に、
小菅奈緒(水野絵梨奈)や藤波がやってくる。そんな折、店の外に出た藤波が
大きな声を上げた。
大輔と奈緒が駆けつけると、ワゴンのなかの本にガソリンがかけられていた。

 危機感を覚えた大輔は、『晩年』を売ってしまってはどうかと勧めるが、
栞子は本を手放すくらいなら殺されたほうがましだ、と譲らず…。
関連記事

コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

セントラル短資FXの評判・口コミ

プロフィール

ヒロシ

Author:ヒロシ
ビューティーライフ224へようこそ!

最新記事

カテゴリ

ダイエット (3)
健康 (12)
ビューティーライフ (14)
知ってますか? (7)
パソコンお役立ち情報 (2)
色えんぴつ画講座 (4)
その他 (127)
美容 (3)
YouTube (0)
YouTube講座 (1)

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

最新のオススメ

色えんぴつ画講座

色えんぴつ画講座 無料