色えんぴつ画講座 第21回~第25回 上級編 | ビューティーライフ224

色えんぴつ画講座 第21回~第25回 上級編

色えんぴつ画講座 第21回~第25回 上級編
ラッセン

第21回 上級編  作品紹介

上級編の作品とは、どれほどのものか?

はっきり言ってかなりお粗末です(^_^;)

絵画と言うよりイラスト作品となりますが、ブログの方を見てください。

「イメージ(想像)して描く」  想像画の紹介です。
 ↓     ↓     ↓
http://hr-224.info/archives/40040390.html

想像画を描くのは、とても楽しいものですが、

リアルに描けるようになるには、

基礎になるデッサンを繰り返し、デッサンの力を

付けていかなければなりません。

是非、デッサンを習得して、見る者に感動を与える

絵を描いていただきたいです。




第22回 想像画を描く
 

お客様から実際に依頼された作品をどのように、

描いていくのか見て頂きたいと思います。


それでは、ブログをご覧下さい。

イメージ(想像)して描く 上級ステップ 1
 ↓       ↓       ↓
 http://hr-224.info/archives/40118934.html


続きまして、上級ステップ 2 をご覧ください。

イメージ(想像)して描く 上級ステップ 2
 ↓       ↓       ↓ 
 http://hr-224.info/archives/40289411.html
 


第23回  上級編 太陽光線を描く

今回は、前回の続きで下の内容から進めて行きます。

■葉や茎を描く

■土の色の変化で遠近感を出す

■太陽光線を描く

それでは、ブログをご覧下さい。

「イメージ(想像)して描く」 上級ステップ 3
 ↓     ↓     ↓
http://hr-224.info/archives/40383140.html


ブログ記事の最後あたりに私のラッセンの模写を紹介していますので

是非参考に見て頂きたいです。



第24回 上級編 仕上げから完成まで



今回で、上級ステップの完結となり、仕上げていく過程を
見て頂きたいと思います。

それでは、ブログをご覧下さい。

「イメージ(想像)して描く」上級ステップ 4  仕上げから完成へ
  ↓      ↓       ↓
 http://hr-224.info/archives/40459747.html



最後に、

ユーチューブで、素敵な絵を描かれているのを見つけたので紹介します。

村田和俊さんという方で頸椎損傷による障害がありながら自助具を

使い色鉛筆でイラストを描かれています。

ひたむきに描かれている姿が印象的で、幻想的で透明感のある素敵な絵を

描かれています。


是非とも、見て頂きたいです。
 ↓     ↓     ↓
(最初に広告が出てきましてら、スキップしてください)





第25回 デッサン力を身につける


今回で、最後の講座となります。

以前にも紹介しましたが、「デッサン力を身につける!」と言うとで、

ブログを書いていますので、もう一度読んで頂きたいです。

■デッサンについて

■デッサンで学ぶこと


ちなみに、私は本と通信講座でデッサンを学習しました。

「スーパー基礎デッサン」基本に始まり、基本に戻る学習法
 著  八木 秀人 & デッサン技法研究会

という本で、出版されてから10年くらいになると思います。
鉛筆の削り方から練習法まで、詳しく解説されています。


いまさらですが、色鉛筆画は、河合ひとみさんの
「素敵な色えんぴつ画入門」を読んで、学習しました。

これも、かなり古い本になります。


ブログ記事の最後に載せておきますので参考がてら見ておいて下さいね。
 「デッサン力を身につける」
 ↓    ↓    ↓
http://hr-224.info/archives/39604532.html



そして、最後に紹介する私のブログ記事になります、読んでください。

「デッサンを学習するには」
  ↓  ↓   ↓
http://hr-224.info/archives/39704704.html



上級編以上の上達には、想像力や

デッサン力が必要です。


この講座で、絵を何枚か描かれたのであれば、

遠近感、明暗(陰影)の付け方、立体感、

といった、デッサン力は身についてると思います。


しかし、写真などをトレースして描いてきましたので

想像力や絵のバランスの取り方、輪郭を正確にとらえ

描く能力は、身についていないと思います。


この講座では、デッサンの全てを教えることはできません、

もっと、絵の力を身につけたいのであればデッサンの本を買って勉強したり、

教室に通ったりして、絵を描く環境を作って絵画を楽しんで下さい。



これで、色鉛筆講座の学習は、完結となります。

第25回まで、お付き合いくださり、

本当にありがとうございました。


私が第1回から25回まで、お伝えしてきたことで、

色えんぴつ画を始めるきっかけ作りになっていれば

私にとっては嬉しい事です。


そして、貴方が、この講座で絵を何枚か描かれたなら、なお嬉しい事です。


時には、カメラを持って、花や風景などを撮影し、それを元に絵を描き、

作品が、出来上がれば展覧会などに出展され活躍されている貴方が、

いれば本当に、素晴らしいです!


この講座をきっかけにたくさんの絵を描いて

楽しい時をお過ごしください。


本当にありがとうございましたm(_ _)m


ヒロシ




関連記事

タグ/
コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

セントラル短資FXの評判・口コミ

プロフィール

ヒロシ

Author:ヒロシ
ビューティーライフ224へようこそ!

最新記事

カテゴリ

ダイエット (3)
健康 (12)
ビューティーライフ (14)
知ってますか? (7)
パソコンお役立ち情報 (2)
色えんぴつ画講座 (4)
その他 (127)
美容 (3)
YouTube (0)
YouTube講座 (1)

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

最新のオススメ

色えんぴつ画講座

色えんぴつ画講座 無料