八重の桜 あらすじ 34話 | ビューティーライフ224

八重の桜 あらすじ 34話

八重の桜 あらすじ 34話

<NHK大河ドラマ>

 日曜 20:00~20:45


八重の桜 画像


■見どころ

襄、大興奮!!

帰ってきました、新島襄!
日本にキリスト教の学校をつくるため、協力者を求めてあちらこちらへ。
その熱意に打たれた覚馬は、学校設立のために一肌脱ぎます。
覚馬と襄、2人そろって向かった先は…?


こんなところでお裁縫!?
今も昔も暑~い京都。
「夏の京都は暑くてかないません」と言いながら、八重が裁縫の
場所に選んだのは…なんと井戸の上!
落ちたら危ないとハラハラしている襄を尻目に、八重は涼しげな顔で
裁縫を続けます。
この対照的な2人が、ついに急接近!?



■あらすじ 34話
明治8年、襄(オダギリジョー)は覚馬(西島秀俊)や槇村(高嶋政宏)の
援助を受け、京都に英学校を作ろうと動きだす。
そのころ、八重(綾瀬はるか)は覚馬に促され、耶蘇教(キリスト教)の
勉強を始めていた。
ある日、宣教師の家で八重は偶然、襄と出会う。
八重が女紅場で働いていると知った襄は「見学したい」と強引に
押し掛けてきた。
その様子に戸惑う八重。
一方、健次郎(勝地涼)は5年間の留学を経て、日本に帰ってきた。

■視聴率 ⇒ 八重の桜 視聴率 速報 33話
関連記事

コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

セントラル短資FXの評判・口コミ

プロフィール

ヒロシ

Author:ヒロシ
ビューティーライフ224へようこそ!

最新記事

カテゴリ

ダイエット (3)
健康 (12)
ビューティーライフ (14)
知ってますか? (7)
パソコンお役立ち情報 (2)
色えんぴつ画講座 (4)
その他 (127)
美容 (3)
YouTube (0)
YouTube講座 (1)

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

最新のオススメ

色えんぴつ画講座

色えんぴつ画講座 無料