知ってますか? | ビューティーライフ224

なぜ、お彼岸にお墓参りをするの?

なぜ、お彼岸にお墓参りをするの?

お彼岸にはお寺の法要やお墓参りに行き、亡き人へ思いをはせ、感謝のまことをささげます。


春分の日と秋分の日は、昼と夜が同じ長さとなり、太陽が真東から昇り、真西に沈むので彼岸と此岸が

もっとも通じやすい日になると考えられ、この時期に先祖供養をするようになりました。

また、日本に伝えられた仏教行事の多くは、民間信仰や農耕儀礼と結び、

その中に【お彼岸】や【お盆】のように、現代の生活の中に定着した【日本独自の仏教行事】です。

お彼岸


仏教では生死を超越した悟りの境地のことを【彼岸】といいます。

日本のお彼岸は、もともと【古代の日本神道】から来ています。

古代日本(縄文・弥生時代)は祖先が亡くなると、祖先の霊は近くの里山に昇っていくと考えられていました。

これを【山中他界】といいます。

そして、春になると山から祖先の霊が下りてきて、田畑を守る【田之神】となり田畑を守り、

秋の収穫が終ると山へ帰っていて行くと考え方がありました。

それが春の祭の【祈年祭(としごいのまつり)】と秋の祭の【新嘗祭(にいなめさい)】となります。

祈年祭は稲の豊作を祈願する祭で、新嘗祭は収穫を感謝する祭りで、土地の神様(祖先の霊)に

飲食をささげ災害や凶作から守護を願いました。

また、祈年祭、新嘗祭は太陽に豊作を祈る祭りとしてもあり、それが昼と夜が同じ長さとなる【春分の日】【秋分の日】となります。

そして仏教の伝来とともに、【西方浄土(極楽浄土)】への信仰が加わり、また仏教の中道の教えにちなんで行なうなどで【お彼岸】となりました。

彼岸は梵語で【パーラミター:波羅密多】の漢訳【到彼岸:とうひがん】からきた言葉で、『迷いの世界から悟りの世界にいたる』という意味です。

仏教の教えに布施(ふせ:人に施すこと)・持戒(じかい:戒め守る)・忍辱(にんにく:耐えること)・精進(しょうじん:努力すること)・禅定(ぜんじょう:心を落ち着けること)・知恵(ちえ:真理にもとづく考え方、行き方をする)の【六波羅蜜:ろくはらみつ】があり、この教えで先祖をしのび、自分がいまあることを感謝し、先祖の供養をして精進することが【お彼岸のお墓参り】となります。

ちなみに、お彼岸は聖徳太子の頃に始まったとされ、平安時代は朝廷でも行なわれていて、江戸時代になったから庶民に定着しました。

なお、春分の日と秋分の日は祭日ですが、この日は地球の自転によって昼と夜の長さが多少変わりますので、3月の20日前後・9月の20日前後というだけで、この日とは決まっていない祭日です。

日本では、この日を発表する機関は【国立天文台】が発表することになっています。
http://www.nao.ac.jp/QA/faq/a0301.html
タグ/

ホトトギスやカッコウは子育てをしない Σ(゚Д゚)

2014年 6月 1日

早、今日から6月に入ります。

最近は、ホトトギスの鳴き声で目が覚めることが多くなりました。

ホトトギスは、かなり早起きで朝の4時頃から鳴いています。

ウグイスもいいですが、ホトトギスもなかなか風流な鳴き声です。



それにしてもこのホトトギスは、ウグイスなどの巣に卵を産んで

自分で、子育てしないんだそうです。

カッコウ目・カッコウ科に分類される鳥類の一種で、

姿はカッコウによくにています。



そういえば、カッコウも自分で子育てせず、ウグイス等に

托卵する習性があります。

そしてウグイスの巣で孵化したカッコウの雛は、

餌を独り占めするためにウグイスの雛を巣から蹴落とします。

何も知らないウグイスは、カッコウの子を自分の子どもとして

育てます。

最終的には親よりかなり大きくなるのですよ。

ウグイスは、かわいそうなのか、アホなのか(・∀・)



ホトトギスもカッコウも鳴き声は風流で好きですが、

子育てをしない習性はどうも好きになれません。
タグ/

春の七草粥

今日は、1月7日で「七草粥」を食べる日ですね。

nanakusa1.png


「春の七草粥」

現在ではおせち料理で疲れた胃を休める為に「七草粥」を食べますね。

「せり なずな 御形 はこべら 仏の座 すずな すずしろ これぞ七草」

という歌で知られる春の七草。

古来から人日(じんじつ)の節句(1月7日)の朝に、邪気を祓い万病を

防ぐものとして、この7種の野菜を刻んで入れたおかゆ「七草粥」を

食べる風習がありました。

セリには特有の香りがあり、リューマチや神経痛にも効果があるといわれ、

その他の野菜も強い生命力を持つものが多い。

そうした野菜を食べることで、力を授かろうとしたのである。


春とはいっても名ばかりのこの時期、七草はどれも緑色をしています。

緑色のものがそれほど見られないときに緑色の七草をおかゆに入れて

食べるのは、野菜が乏しい冬場に不足しがちな栄養素を補うとともに、

春の訪れを待ちわびる気持の表れでもあったのでしょう。


最近では、今日お正月の暴飲暴食で、荒れた胃を休めるために

七草粥を食べます(^_^)/って言う方も少なくないでしょうね。


タグ/

冬至といえば、かぼちゃと柚子(ゆず)湯、 そして一陽来復(いちようらいふく)

2013年の冬至は12月22日です。

冬至


冬至といえば、かぼちゃ柚子(ゆず)湯

そして一陽来復(いちようらいふく)ですね!



■冬至とは?

冬至(12月22日ごろ)とは北半球において太陽の位置が1年で最も低くなり、

日照時間が最も短くなる日のことです。

逆に太陽の位置が1年で最も高くなるのは夏至(6月21日ごろ)。

冬至との日照時間を比べると、北海道の根室で約6時間半、東京では約4時間40分もの

差があるそうです。



■冬至にはかぼちゃと柚子湯

一般的には、風邪をひかないためや語呂合せと言われています。

昔から冬至には「ん」のつくものを食べると「運」が呼びこめるといわれています。

にんじん、だいこん、れんこん、うどん、ぎんなん、きんかん……など「ん」の

つくものを運盛り といって縁起をかついでいます。

また、栄養をつけて寒い冬を乗りきるための知恵でもあります。


・それでは、なぜ冬至にはかぼちゃなのか?

かぼちゃ


かぼちゃを漢字で書くと南瓜(なんきん)。つまり、運盛りのひとつであり、

陰(北)から陽(南)へ向かう一陽来復の意味も込められています。

そして、かぼちゃはビタミンAやカロチンが豊富で、風邪や中風(脳血管疾患)予防に

効果ありです。

かぼちゃは本来は夏が旬ですが、長期保存が効くかぼちゃで冬に栄養をとる。

昔の賢人の知恵なのでしょうね。



・「ゆず湯に入れば風邪を引かない」と言われています。

柚子湯


そして、柚子(ゆず)は「融通」がきく、冬至は「湯治」。といった語呂合せで

冬至には柚子湯と思われがちですが、もともとは運を呼びこむ前に厄払いするためのものです。

現代でも新年や大切な儀式に際して入浴する風習がありますが、

柚子は冬が旬で香りも強く、昔から強い香りのもとには邪気がおこらないという

考えもあるようです。

また、柚子は実るまでに長い年月がかかるので、苦労が実りますようにとの

願いも込められています。

そして、柚子湯には血行を促進して冷え性を緩和したり、体を温めて風邪を予防したり、

芳香によるリラックス効果もあります。

さらに、果皮に含まれるクエン酸やビタミンCによる美肌効果があるそうです。


 

■なぜ、冬至は「一陽来復」?

冬至は1年で最も日が短い、そして翌日から日が長くなっていきます。

つまり、冬至を太陽が生まれ変わる日ととらえ、太陰太陽暦(いわゆる旧暦)では

冬至が暦を計算する上での起点となります。

冬至は太陽の力が一番弱まった日であり、この日を境に再び太陽の力が甦ってきます。

陰が極まり再び陽にかえる日という意の一陽来復(いちようらいふく)といって、

冬至を境に運が向いてくるとしています。

つまり、みんなが上昇運に転じる日なのです!


冬至にはかぼちゃを食べて柚子湯に入り、あなたの運も上昇させましょう!

中秋の名月 2013年~2020年 日程表あり

■中秋の名月

中秋の名月



中秋の夜を照らす満月。

日本にはこの満月を観賞する風習がある。

旧暦の8月15日を「十五夜」「中秋の名月」という。

(旧暦8月15日、現行歴では下記「中秋の名月の日リスト」を参照)

「秋の真ん中に出る満月」の意味で、旧暦では7~9月を秋としていたことから、

8月15日が秋のちょうど真ん中とされた。

欠けるところのない満月は豊穣の象徴でもあった。

毎年12ないしは13回の満月があるのに、なぜか特別扱いされるのが

「中秋の名月」である。


現代では、月が見える場所などに、薄(すすき)を飾って月見団子・里芋・枝豆・

栗などを盛り、御酒を供えて月を眺める(お月見料理)。

この時期収穫されたばかりの里芋を供えることから、

十五夜の月を特に芋名月(いもめいげつ)と言う地方もある。

また、中秋の名月に「月見」をしたなら、

1ヶ月後の豆・栗名月の「十三夜」(旧暦の9月13日)にも月見をしないと、

「片見月」は縁起が悪いと嫌われていた。



「中秋の名月」日程表

2013/09/19(木)
2014/09/08(月)
2015/09/27(日)
2016/09/15(木)
2017/10/04(水)
2018/09/24(月)
2019/09/13(金)
2020/10/01(木)

女性は、満月を見てはいけないと、言うことを聞いたことがありますが、

そんなに気にすることはないと思います。

見ていて、気分が悪くなる、落ち着かないという様な方は、

止めておいた方が、いいかと思います。


良い満月を楽しんでください。


7月23日「大暑」は最も暑いのか?

夏



日本各地で一番暑い日は、いつ頃なのか?


暦の上では7月23日頃が「大暑」といわれ、1年で一番暑い頃とされています。

各主要都市の、過去30年の年間最高気温の平均を見てみると、

鹿児島や那覇で7月30日、東京で8月8日、新潟で8月11日となっています。


実際では一番暑い日は「大暑」ではなく、8月7日「立秋」に近い頃が、

もっとも暑くなる頃なのです。


日中の一番暑い時期は8月の上旬頃になります。

朝晩の気温は「立秋」の頃から次第に下がり始めます。

このため暑い盛りに、秋の始まり「立秋」があるんです。


ですが、暑さ寒さも彼岸までです。

夏の暑さ(残暑)は秋分頃(毎年9月23日)まで続きます。


夏バテしないように、日頃から栄養、睡眠をたっぷりとって、

健康管理に努めてくださいね。



※ちなみに秋のお彼岸は9月20日~26日までの7日間となります。

春のお彼岸は3月18日~24日までの7日間になります。

なぜ、節分にイワシを食べるのか?

なぜ、節分にイワシを食べるのか?

 主に西日本で行われているようですが。
昔から、鬼は節分の夜に出ると考えられていまして、いわしの頭の悪臭が鬼を
近づけないということと柊の葉が鬼の目を刺すということから、節分の夕暮れ
には柊の枝にいわしの頭を刺したものを戸口に挿し、邪霊悪鬼の侵入を妨げは
らう行事を行ないます。
また、いわしを焼くことでもその臭いと煙で邪気を追い払うといわれ、
「イワシの頭も信心から」(意味:イワシの頭のようなつまらないものでも
信仰の対象にしている人には、尊い神仏と同じように霊験あらたかに思われる
ということ。)ということわざもこの風習からきているそうです。

imagesCAEJ6WSN.jpg

鬼も追い払うこのイワシですが、イワシの語源を調べますと面白いので
紹介します。陸に揚げるとすぐに弱ってしまう魚であることから、
「よわし」→「いわし」と変化したという説です。「いわし」は鰯と書き、
その旁が「よわし」の弱であることから、この説は有力ではありますが、
もう一つに身分の低い(卑しい)人々の食べ物であったことから、
「いやし」→「いわし」と変化した説があります。

そして、このイワシ私たちの体にはどのような効果があるのでしょうか?
一番の特徴としてはいわしに含まれる脂肪。
いわゆる青魚に多い不飽和脂肪酸のEPAやDHAが豊富に含まれています。
これらの不飽和脂肪酸は血中コレステロールを下げ、血液をさらさらに
してくれる働きがあるので、脳血栓や心筋梗塞を予防する効果が
期待されます。
特に高脂血症と言われた方は積極的にいわしなどの魚料理を摂って
いただきたいものです。
また、DHAは脳細胞を作る材料でもあり、脳や神経の働きを良くする
作用も持っています。
他にもカルシウムとその吸収を高めるビタミンDや、成長を促進し、細胞の
活性化を助け、健康な皮膚や髪、爪などを作ってくれるビタミンB2も
多く含まれています。

 栄養豊富なイワシです。
昔から伝わる風習には、先人からの健康に過ごすための教えが詰め込まれて
いるのがしみじみ伝わってきます。

今年も美味しくて栄養豊富なイワシを食べて、鬼を寄せ付けない体を
作りましよう!
| HOME |

セントラル短資FXの評判・口コミ

プロフィール

ヒロシ

Author:ヒロシ
ビューティーライフ224へようこそ!

最新記事

カテゴリ

ダイエット (3)
健康 (12)
ビューティーライフ (14)
知ってますか? (7)
パソコンお役立ち情報 (2)
色えんぴつ画講座 (4)
その他 (127)
美容 (3)
YouTube (0)
YouTube講座 (1)

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

最新のオススメ

色えんぴつ画講座

色えんぴつ画講座 無料