症状 | ビューティーライフ224

ノロウイルスの症状は大人は下痢のみが多い

ノロウイルスの症状は大人は下痢のみが多い
norowirusu syousjyou

ノロウイルスは食中毒を引き起こしますが、ノロウイルスの強さや、感染者の体調および免疫力の状態によって、症状のあらわれ方が異なります。
小さい子供や高齢者がノロウイルスに感染し、ひどい場は、死亡するという事例を耳にすることも少なくありませんね。
また、ある程度年齢が大きくなった子どもや成人の場合、ノロウイルスに感染しても、その場合によっては症状が出ない不顕性感染(ふけんせいかんせん)で終わってしまう場合もあります。

■大人は下痢症状が多い
成人になると下痢症状が見られることが多くなり、子どもの症状には嘔吐が多くなります。
これらは、ノロウイルスによる食中毒の特徴のひとつで、嘔吐や下痢の症状は1日あたり数回程度にとどまる場合もありますが、十数回という場合もあり、これも感染したノロウイルスの強さや、感染者の体調および免疫力の状態によっても左右されます。

免疫機能が正常に働いていれば、ノロウイルスに感染したからと言って大げさにかまえることはあまりありません。
ノロウイルスが体内に入ってからの潜伏期間は1日から2日程度です。
症状のあらわれ方としては、突然、吐き気やおう吐といった症状を発症し、それに続いて腹痛から下痢へと言った症状があらわれるといったことが特徴です。発熱はないこともあります。あったとしても高温になることはあまりありません。
感染し発症した時の症状
・吐き気
・嘔吐
・腹痛
・下痢
・発熱 (出ないこともあり、高温になることは少ない)

全体として症状は比較的短期間で治まることが多いですが、
水分補給などをして対策をすることが必要です。

■対策
ノロウィルスに感染してしまった場合、下痢や吐き気、嘔吐などが続きます。
このような症状が長期間続くと、知らない間に体が脱水状態になってしまう事が言えますので、食べること、また飲むことはあまりできないかもしれませんが、できる限り経口補水液などで水分を少しずつ補給しましょう。

早めに病院へ行くことも大切です。ノロウィルスだった場合、効果的な治療方法は残念ながら見つかっていません。しかし点滴などで栄養補給を行なってもらえる場合もありますので、なるべく早く病院へ行きましょう。

症状が出ても多くの場合は数日で回復でするので、症状がひどくない、あるいはひどくならない限り、家で安静にしていることが必要です。

■予防 1 しっかり消毒
ノロウィルスは、触ったものからうつることがあります。どこに菌が付着しているか分りません、自宅のドアノブ、蛇口、手すり、トイレなど感染源となりそうなものをしっかりと消毒しておくことによって、感染を予防することができます。特にノロウィルスは冬場にかけて感染が高まりますので、年末の大掃除の時などにも意識して消毒を行なうと良いかもしれません。


■予防 2 汚物処理
家族が感染した場合、嘔吐や下痢の汚物処理を家族が行わなければならないかもしれません。
しかし、ここで注意を怠ってしまうと他の家族もノロウイルスに感染してしまうことがあります。

下痢や嘔吐などの汚物を処理するときにはマスクやゴム手袋をはめ、汚物が広がらないようにしながらふき取ることができます。凝固剤があればそれを使って汚物を固め処理するようにしましょう。下痢や嘔吐などを拭き取ったものを入れるビニール袋は二重にして処理すると良いかもしれません。また言うまでもなく、作業が終了した際には良く手を洗いましょう。

■予防 3 手洗いとうがい
日常生活の中で、手洗いとうがいをしっかり行なうことも感染を防ぐには効果的と言えるでしょう。
手洗いは石鹸を使ってしっかりと洗い、その後しっかりと乾燥させましょう。
そして消毒剤をしっかり塗るようにしましょう。

うがいは、まず、口に中に水を含んだ後強くゆすいで吐き出します。
その後でガラガラうがいをを数回繰り返しましょう。
うがい薬などを使うと効果的です。

貧血 症状と 改善

貧血 症状 改善

近年、貧血を起こす女性が増えてきています。

よく言われる「鉄分不足かな?」と自己判断してしまいがちですが、

貧血は鉄分不足だけではなく他の病気の知らせかもしれません。

そこで、貧血からくる他の病気や貧血改善方法などを簡単に紹介します。

hinnkettu


■鉄欠乏性貧血

一般的な貧血で血液中の鉄分が不足で起こります。
食事での鉄分補給が一番ですが、なかなか難しい場合はサプリメントなどで
補給すればいいでしょう。

鉄分の吸収をよくするためにはビタミンCを摂取することも大切です。

その他、血球を作るのに必要な栄養素でビタミンB12や葉酸はなのでなるべく
摂取しましょう。
食品だと牛乳、レバー、ほうれん草、ブロッコリーなどに含まれています。

そして鉄分の吸収をよくするためには、胃腸の状態が良くなければいけません。
ストレスで胃腸があれていたり、暴飲暴食などは鉄分や栄養素の吸収率が
下がってしまうので注意が必要です。



■病気からくる貧血

常に栄養補給もしているし規則正しい生活も送っているのに貧血が続く、症状が
重いという場合は、他の病気から貧血を併発している可能性があります。

関節リウマチ、腎臓病、がん、感染症などからも貧血を引き起こす場合があり、
そういう症状が続くような時は必ず病院で検査をしてもらうようにしましょう。
自己判断で解決するのはとても危険です。



■生活における注意点

運動をするのは、とても大切なことですが、動悸やめまいなどが続く場合は
すぐに中断しましょう。
あまり無理をせずに軽い運動から少しずつ体を慣らしていくのも大切です。

次に体をなるべく温めるようにしましょう。温まることによって血液循環が
よくなります。
しかしお風呂に長時間浸かったりというのは危険なので注意しましょう。
冷え性同様、手足の先などが冷えないようにするのも重要です。

貧血時は体が酸素不足を起こしている場合があります。急に立ち上がったり
動いたりするとめまいがすることがありますが、この時は脳に必要の酸素が
行き渡っていない可能性があります。

その状態で動くと脳に負担がかかるので、めまいがした時は無理に動かず
ゆっくりしておきましょう。

貧血は身近な病気でもありますが、他の病気を知らせるサインでもあります。
常に自分の体の管理を忘れずまずは規則正しい生活をし、心配なことなどが
ある場合はすぐに病院へ相談・診察へ行きましょう。
| HOME |

セントラル短資FXの評判・口コミ

プロフィール

ヒロシ

Author:ヒロシ
ビューティーライフ224へようこそ!

最新記事

カテゴリ

ダイエット (3)
健康 (12)
ビューティーライフ (14)
知ってますか? (7)
パソコンお役立ち情報 (2)
色えんぴつ画講座 (4)
その他 (127)
美容 (3)
YouTube (0)
YouTube講座 (1)

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

最新のオススメ

色えんぴつ画講座

色えんぴつ画講座 無料